FC2ブログ
現在、日本人の96%は、相続税が課税されません。ところが民主党政権になり、基礎控除額の引き下げなどにより、相続税を納付する人を増やす考えがあるようです。

私は、税理士ではないので、あまり細かいアドバイスは出来ませんが、現行法でご自身が相続税の対象になるのか?ザックリどのくらい相続税が課税されるか、説明したいと思います。

1.相続財産はどのように計算するのでしょう。

①土地の価格の計算
路線価×面積
※路線価は、インターネットで調べることができます。
http://www.rosenka.nta.go.jp/index.htm
※実際には、土地の形状や、広大地などの補正をします。

②建物の価格
固定資産税の評価額
5月くらいに、納税通知書が着ます。それに書いてあります。また役所の固定資産税課で評価証明を請求すればわかります。

③現金、預貯金、株券など

④借入金

①+②+③ー④=相続財産 ということになります。
つまり、現金で持っているよりは、不動産に換えたほうが、相続税では有利になるということになります。



2.相続税の控除

①基礎控除
5000万円+(法定相続人の数×1000万円)
相続人が奥さんと子供2人の場合、7000万円まで相続税は課税されません。

②配偶者(奥さん)には相続税の軽減措置があります。
奥さんの相続が、法定相続分以下(子供がいる場合50%以下)の場合または、1億6000万円以下の場合は相続税はかかりません。但し10ヶ月以内に分割協議が必要。

③基礎控除の他
被相続人の生命保険金や死亡退職金にも、法定相続人1人につき500万円の控除がありますし、未成年者控除、障害者控除等もあります。

①~③で相続税はほとんどの人に課税されないことがわかります。


3.相続税の税率

各法定相続人の取得金額       税率       控除額
1,000万円以下              10%           0円

1,000万円超~3,000万円以下     15%        50万円

3,000万円超~5,000万円以下     20%        200万円

5,000万円超~1億円以下        30%        700万円

1億円超~3億円以下          40%       1,700万円

3億円超                   50%       4,700万円


お疲れのところお願いします。
     ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気ブログランキング



スポンサーサイト



2009.12.01 Tue l 相続 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/81-af51b43c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)