FC2ブログ
公図は、現在法務局に備えられていて、正式には「地図に準ずる図面」といいます。
それでは、公図はどのような経緯で作成されて、どのような経緯で法務局に備えられるようになったのでしょう。

①公図の由来
明治時代初期に定められた地番とその公法上の境界が図示されたものです。
この頃は、和紙に墨で書かれていて、今も場所によっては旧公図として閲覧することができますが、ボロボロです。

②税務署による保管
旧土地台帳(現在の登記簿)と旧土地台帳附属図(現在の公図)は、税金徴収の資料として、税務署に備えられていました。
※ 公図は現在でも、市区町村など課税機関で法務局とは別に保管しています。閲覧することもでき、境界調査の資料とすることもあります。

③登記所への移管
昭和25年に法改正され公図と土地台帳は、法務局へ移管されました。

④台帳制度の廃止
昭和35年に不動産登記法が改正されて、土地台帳の内容は、現在の登記簿に移記されました。
※ 旧土地台帳は現在でも法務局で閲覧できます。

⑤地図に準ずる図面として法定化
昭和52年通達改正で、法律上の根拠が記されました。

⑥電磁記録化
平成16年不動産登記法の改正で、電磁記録化を進めました。現在では、インターネットでも公図を閲覧できるようになりました。

公図の歴史はいかがでしたか?
現在の公図に疑義がある場合は、経緯を追って、古い公図も調査するんですよ。たまに公図を書き換えたときに間違っていたことが判明して、問題が解決することもあります。

このブログの応援をお願いします。
     ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気ブログランキング


スポンサーサイト



2009.11.11 Wed l 境界問題 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/77-5771cc1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)