FC2ブログ
登記申請に提出する書類には3ヶ月以内の作成期限がある書類とない書類があります。
土地家屋調査士の業務に限って説明します。申請の日が基準となります。

3ヶ月以内の期限がある書類

①土地合筆登記に添付する印鑑証明書

②申請人が法人の場合の資格証明書(会社謄本など)

③建物の合併や合体に添付する印鑑証明書

①と③は原本還付も出来ません。上記の書類以外は、すべて作成期限はありません。


作成期限がない書類の主な例

工事した業者さんの印鑑証明書・資格証明書
建物解体業者さんの印鑑証明書・資格証明書
売渡した業者さんの印鑑証明書・資格証明書
建物所有者さんの住民票や印鑑証明書
相続人の戸籍・住民票・印鑑証明書

などなど他にも沢山あります。
ただし、あまりに古い書類だと「信憑性がない」と法務局に言われますから1年以内のものは添付しましょう。


土地家屋調査士の業務の場合は、書類の期限に対して、それほど厳しくありません。
業者さんは、意外と知らなくて「3ヶ月以内じゃなくていいの?助かるよ。」と言われます。



このブログの応援をお願いします。
     ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気ブログランキング








スポンサーサイト



2009.11.07 Sat l 土地家屋調査士 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/69-a62ae2fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)