FC2ブログ
今日は、川口市倫理法人会のモーニングセミナーでした。
千葉県の元会長、浅野洋一スーパーバイザーの素晴らしい講話でした(^^)

沢山の学びの中から3つに絞って、報告します。

① 子供の前では楽しそうに仕事をする
いつも楽しそうに仕事をしている父を見て育つ、そして目指していた教師にはならずに父親の事業を継ぐことになる。
私も子供には、辛い顔ではなくて楽しく働く姿を見せようと思いました。

② 誰も聴いていなくても本気で取り組む
趣味とスピーチ力のために落研に入ることに
落語の寄席で、登場するとまさかお客さんが誰もいない。
投げやりで舞台に取り組んでいると先輩から、「床、壁、天井は聴いている。手を抜くな!」の言葉がかかる。

③ 苦難の捉え方
自らがリーダーの事業所10人のうち8人が退職することになる。
事業所を閉鎖することも考えたが、すべて自分の責任と捉えて、離れたお客様の一軒一軒を周り事業所を復活させた。



最後の食事会で、浅野洋一スーパーバイザーの言葉
「川口市倫理法人会とかけて、大好きな服ととく、また“き”たくなる。」



スポンサーサイト



2019.10.26 Sat l 倫理法人会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/410-cb1eff83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)