FC2ブログ
最高の睡眠を手に入れることで、仕事で最高のパフォーマンスを発揮できる。

そんなことで、スタンフォード式「最高の睡眠」で学んだ知識を3つにまとめます。

1つ目、熟睡を導く黄金の90分
睡眠に入ってから、90分が最も深い睡眠である。
最初の90分以降は、徐々に睡眠は浅くなる。なので、最初の90分に熟睡できる環境を作る。睡眠は「量より質」が重要なのです。

2つ目、最高の睡眠法
睡眠の前、90分に入浴を済ませる。すると睡眠時には体温が下がり深い眠りモードに突入できる。仮にお風呂の時間が遅くなる場合には、シャワーで済ませて深部体温を上げないようにする。
また普段よりも早く寝るのはNG、普段寝る時間より1時間から2時間前は覚醒度合いが強くなるため早寝は難しい。
翌日、早く起きないと行けない場合は、早寝ではなく、いつも通りの時間に寝て、睡眠の質を高めるように心がける。

3つ目、覚醒戦略
「どう起きてるか」=「どう眠れるか」
質の高い睡眠のためには起きている時間が重要です。
起きたら朝日を浴びる。朝は裸足で過ごす。冷たい水で手を洗う。朝食を摂る。
汗をかくほど運動しない。ホットコーヒーと会話を楽しむ。
夜は冷やしトマト(体温を下げる食事)。夕食は寝る1時間目までに夕食を抜かない。
眠気がきたらパワーナップ(15分程度の仮眠)を摂るとベスト。

睡眠が仕事を変える。睡眠が学びを変える。睡眠が人生を変える。

「熟睡を導く黄金の90分」「最高の睡眠法」「覚醒戦略」で睡眠を味方につけよう。

スポンサーサイト



2019.08.17 Sat l 最近読んだ本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/398-c5488bbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)