FC2ブログ
測量作業をするのに、道路上にある植木鉢を少し移動したら、後ろからいきなり怒鳴られた。
「何やってんの!」「人のもの勝手にさわって!」

「あっ、すみません。」
「でも、ここ道路なんだけど。植木は敷地の中に入れろよ・・・・」
「って言うか、そんな言い方ないだろう・・・」と思っても言えずに、ムカムカ・・・。

その怒鳴ってきた人は、後で境界立会をして印鑑をもらわないといけない。
だから絶対にケンカはできないのだ。

日常、仕事をしていると、ついつい腹を立ててしまうことがあります。


そんなときに役立つ、素晴らしい本に出会いました。
「頭に来てもアホとは戦うな!」



この本に書かれているのは、自分の目的を達成することに集中する。
そして、アホにはやられたフリをする。アホと上手に付き合う。アホを味方につける。
腹を立てても、アホに振り回されるのではなく、「自分の人生を生きるということ」
この本から学んだアホの取り扱いを三つお伝えします。

一つ目は、アホにはやられたフリをする。
腹を立てても、アホと戦うとろくなことはない。
その時は、アホをやっつけても必ずどこかで仕返しをしてくる。
アホはねちっこいのである。やられたフリをしてアホに花を持たせる。

二つ目は、アホと上手に付き合う。
アホは、自尊心が低く、褒められたり持ち上げられると弱い。
おだてられると気分を良くする。
避けるのではくて、積極的に付き合うことで相手は親近感を持つ。
そして、頼ってみる。「困ってます」と苦手な相手に言うのは重要な技術である。

三つ目は、アホを味方につける。
人を動かすための3原則とは
・避難しない。
・認める。
・相手が欲しがるものを提供する。
避難しない。認めるは、人を動かすための大原則である。
いちばん大事なことは、「相手の欲しがるものを提供する」
大事なことは相手の懐に飛び込み、相手のことを理解して、協力してくれるように導くこと。
どんなときでも、相手の気持ちを考えることから始める。


そして、最終的には、アホに協力してもらって仕事を円滑にすすめる。


アホとは戦うのでない。上手く付き合うことで自分の人生を豊かにする。
「頭に来てもアホとは戦うな!」

スポンサーサイト



2019.07.28 Sun l 最近読んだ本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/396-e8c5dec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)