FC2ブログ
「活力朝礼コンクール出てくれだって」
「なんでうちの会社がそんなものに出なきゃいけないんですか」
これが3年前の奥山社長の言葉でした。

そんな有限会社エイデンが昨年、活力朝礼コンクールで見事に優勝!

今日は、有限会社エイデン代表取締役 奥山英紀 上尾市副会長の講話でした。

とても貴重なお話を三ついただきました。

一つ目は、独立開業時の苦悩
父の会社に入り社長になるものの、社員さんとの対立もあり、半年で会社をやめることになる。
起業するが、やめた会社との兼ね合いで、電気工事の材料を仕入れることができずに苦労する。
そしてリーマンショック、震災で仕事がなくなり、やることもない。
被災地へボランティアに行って、全てを投げ打って出直しすることに。
苦難の連続からのスタート!

二つ目は、活力朝礼で人生が変わった
活力朝礼コンクールの出場を依頼され1年目は断る。
2年目にトライすることになる。
最初はいやいやだった朝礼も、朝礼委員さんのほめほめ指導で社員さも調子に乗ってくる。
そして3年目には、埼玉県で優勝する!

三つ目は、父への謝罪、妹との別れ
両親より早く亡くなった妹。「じゃあね」が最後の言葉でした。
その時13年間ほとんど口をきいていない父に、生きているうちに謝罪しようと心に決める。

「そうした中でも、最も大切な、わが命の根元は、両親である。この事に思い至れば、親を尊敬し、大切にし、日夜孝養をつくすのは、親がえらいからではない、強いからではない。世の中にただ一人の私の親であるからである。」(栞P91)
やっと、ここにたどり着くことができた。

どんなときでも打つ手は無限
夢は叶う!思いは本物になる!やればできる!
今日も素晴らしい講話でした。
36370346_661420230862401_1514943834130219008_o.jpg
36351987_661420250862399_1038564006031261696_o.jpg
スポンサーサイト



2018.06.30 Sat l 倫理法人会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/372-6844b4e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)