FC2ブログ
1526702102386.jpg
工藤直彦法人スーパーバイザーの「万人幸福の栞」の勉強会に参加しました。

より中身の濃い〜。勉強を求めて、港区倫理法人会の主催の「万人幸福の栞」の勉強会に出席しました。毎回、「万人幸福の栞」を1条づつ学ぶ、贅沢な勉強会です。今回は、栞の名でもシンボリックな第2条「苦難は幸福の門」を学びました(^O^)/

まずは、「わがまま」
我が儘とは「我のままにならねば承知せぬ心を持つこと」
一般的なわがままな立ち居振る舞いをすることですが、純粋倫理ではわがままな心を持つこと。
我のままにならない時に、その感情が相手に向かっても、自分の中で我慢をして感情を抑え込んでも結果は同じわがままである。

初めに生まれるものが、心配が苦難の出発点。
「心配」から「不安」へ「不安」から「恐れ」へ「恐れ」から「怒り」へ「怒り」
黄色信号から赤信号への変化を感じよう!


つぎに「苦難はトレーニング」
バージョンアップのためのチャンスである。
心のダンベルを挙げてるようなもで、苦難はなくならない。
生きている限り、次から次へと出てきます(^O^)/
乗り越えられない苦難はない。どんな苦難も必ず解決できる!


最後に「純情(すなお)」
我が儘の対義語は純情(すなお)、ふんわりとやわらかで、何のこだわりも不足もなく、澄みきった張りきった心、これを持ちつづけること。
これが苦難を解決していくこと。

応援と期待は、主体が違う。
応援は、自分が主体で、のびのび、すなおな言葉。
期待は、相手が主体で、窮屈、我儘。
「期待してる」を「応援してる」に、言葉を変える。

「わがまま」から苦難は心の筋トレみたいなもの。「純情」な心で解決しよう!

工藤先生の講話は、講話の文字数が多くて、しかも一言一言が濃密です。
60分の講話でしたが、文字数が1.5倍、内容が3倍くらい。
とっても、有意義な時間でした。
1526702126582.jpg
スポンサーサイト



2018.05.20 Sun l 倫理法人会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/364-5db2c0e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)