FC2ブログ
前に、建物表題登記が申請できる時期について、説明をしました。
表題登記については、建物がほぼ完成した状態でなければ申請できませんが、建物滅失登記については、どうでしょうか?

建物表題登記と滅失登記は、同一の基準で判断するとの見解が記されています。

したがって、滅失登記については、建物としての効用を果たし得なくなったときに、申請することができます。ということは、解体工事が完了しなくても、屋根、壁などが壊されて効用が果たせなくなれば、申請ができるということです。

火災による消失、倒壊なども、同様に判断しますが、これらの場合は、所有者が修復する意思があるかも判断基準になります。

気に入っていただけたら、ポチ ポチ ポチッとお願いします。
     ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気ブログランキング

スポンサーサイト



2009.10.06 Tue l 表示登記の実務(建物) l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

ボクシング
昨夜の試合についてのコメントは控えます。どこのサイトも荒れてるようなので(笑)。

http://plaza.rakuten.co.jp/hayato2180/

こちらの方は行政書士さんです。ときどき出没させてもらってます
2009.10.07 Wed l カザフスタンのタイガー. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/33-d54f4181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)