FC2ブログ
これまで、境界確認をした事例をご紹介します。

不動産業者さんから土地を分譲するため、境界確定と分筆の依頼を受けた。
後日、測量をするため、隣地の方々にご挨拶に伺いました。

杉山
「隣の土地の測量する杉山事務所と申します。測量の作業の際に敷地に入らせていただくことも有りますので、その際はご協力をお願いします。」

隣地の所有者さん
「なんだお前は、関係ねえだろう。ばかやろう。」

散々、罵られた。目つきも言動も、まともではない。
近所の方々に聞き込みをしてみると、「包丁をもって、出歩いているのを目撃したことがある。近所の人は怖くて誰もあの家に近づかない。」など恐ろしい話が出てきた。
これは、間違いなく、事務所が始まって以来の最強の相手だ。

事務所の所員のH君と、境界確認の打合せ。
危なくなったら、走って逃げよう。いつでも逃げ道は確保する。門は閉めない。あまり相手に近づかないようにしよう。

1度目の境界確認
また、散々罵られて、会話にならない。

2度目の境界確認

「境界について、今の境界標で異議はありませんか?立会証明書に署名して欲しいのですが・・」

隣地の所有者さん
「お前、また着たのか、いい加減にしろ。」
「面倒くせえそれでいいよ」(境界確認)
「そんな書類、関係ねえだろ」(立会証明書への署名を拒絶)

とりあえず、口頭で確認をとった。
会話の内容を、すべて調書にまとめて、地積更正と分筆を申請する。

法務局が、立会の通知を出したらやだなあ。もうあの人には会いたくない。と思っていたら、あっさりと登記が完了した。

こんな、境界確認は一万件に1件くらいだろう。
本当に、恐ろしい境界確認だった。

隣地との境界確認①
隣地との境界確認②
隣地との境界確認③
隣地との境界確認④
隣地との境界確認⑤
隣地との境界確認⑥





気に入っていただけたら、ポチ ポチ ポチッとお願いします。
     ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気ブログランキング

スポンサーサイト



2009.10.03 Sat l 境界問題 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/30-07b959d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)