FC2ブログ
質問
公道の土地の登記簿は他の土地のように自由に閲覧できますか?
いま市道になっている土地が昔は個人や会社の土地で、それより前はどのような所有者だったのかを調べたいのですが・・・。 大正まで?明治まで?


回答
登記情報は、誰でも閲覧できます。

登記簿は、旧台帳が出来た頃まで遡って調査できますが、やり方があります。

①現在の全部事項で登記情報を取得します。
※所有権の移転の原因・日付などの経緯が記録されています。
所有権の記載は「甲区」欄にされています。

②表題部の原因日付欄を見ます。分筆した経緯があれば分筆残地(元地)についても調査が必要な場合があります。
※例えば、5-1、5-6に分筆されている場合で、5-6が公道の場合はその登記記録は分筆後からしか記録されていません。
それ以前の登記記録は、5-1の登記記録にされていますので、5-1の記録で調査します。

③コンピュータ化される前の登記簿を調べる。
※昭和60年前後に登記簿は現在のコンピュータの登記記録に移行しています。
法務局へ行って、コンピュータ化前の登記簿を閲覧します。
コンピュータ化したときに、省略して転写した事項もありますので、ここで調査します。

④旧土地台帳・旧建物台帳を閲覧する。
※コンピュータ化前の更に前の、登記制度の前、一元化前の旧土地台帳・旧建物台帳を閲覧します。
ここまで、くるとかなりのマニアックです。
私もここまで調査するのは、2・3年に一回くらいです。

スポンサーサイト



2011.03.10 Thu l 資料調査 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/298-2478807b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)