FC2ブログ
質問

市街化調整区域での建築について

今般、市街化調整区域の土地を兄弟で分筆して相続する事になりました。
その土地は、既存宅地なのですが、分筆して取得しても建築が可能なのでしょうか?
また、建築するために許可等が必要な場合具体的にどのような手続きが必要になってきますか?
相続する土地は、現在約390㎡で、その半分の195㎡を相続する予定です。
さらに、本件土地を売買する事も可能でしょうか?
よろしくお願いいたします。

回答

既存宅地は
都市計画法の「市街化調整区域」に指定される前から「宅地」であった土地で登記記録などで容易に立証できる。
本土地が上記に言う「既存宅地」であることを前提に話します。

①分筆して取得しても建築が可能なのでしょうか?
1宅地を2宅地に変更出来るか?ですがそれは市区町村によって要件が違いますので、その役所の建築課や開発指導課などに問い合わせる必要があります。
ちなみに、埼玉県川口市の場合は前面6.0m以上であれば、2宅地以上にすることが出来ます。6.0m未満の場合は1宅地で分割は出来ません。

②建築するために許可等が必要な場合具体的にどのような手続きが必要になってきますか?
土地計画法の開発許可が必要です。
もちろん建築基準法の確認も必要になります。

③現在約390㎡で、その半分の195㎡を相続する予定です。
市区町村によって、宅地の最低面積を条例で定めている場合があります。
2宅地に出来ない場合もあるのでご注意ください。

④本件土地を売買する事も可能でしょうか?
売買は可能ですが、その地域によって不動産の流動性が違いますので、地域によって買主を見つけるのが困難なこともあります。
その地域性や建築の取扱いによっては、分割せずに兄弟で一緒に売買して、売買金額を分けたほうが良い場合もあります。


市街化調整区域の取扱について大まかにお話ししましたが、その地域によって取扱が多少違います。
その地域の市区町村の役所や不動産業者さん、建築業者さんに相談するのが最も適格な回答があると思います。
スポンサーサイト



2011.03.08 Tue l 不動産 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/296-345b632c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)