FC2ブログ
不動産投資においての自分の強みは何だろう?

まあ、仕事柄、登記であったり、必要な許認可また法律を一般の人よりは知っている。
測量も自分でやることが出来る。

これ以外の融資のことであったり、客付けその他のことは、私は他の不動産投資家の人には敵いません。

一般の売買では、測量がされていて、法的な要素はクリアされている。またクリア出来ないことは重要事項説明が必要です。

ところが、不動産競売では、所有者の意思に係わらずに競売に付されます。

なので
測量がされていない。境界が不明確な場合が多い。
法的な要素はクリアされないことが多い。
調書はあるが、執行官の調査漏れがあっても基本は落札者の自己責任。
瑕疵担保責任はなく。よほどの理由がない限り、落札を取り消しできない。

不動産競売こそが自分の強みを発揮できる場なのかとも思います。
しかも、問題があってグチャグチャのやつをやると面白いですね。

何ら、問題のない物件だと競売といえども結構金額が高いです。一般売買と落札額が変わらないときがあります。

それで落札した後は、賃貸で運営します。
そして、運営している間に、測量をして、その物件の持つ、さまざまな問題をクリアできて転売できる物件に変身できれば最高ですね。

宅建主任者の登録もしているので、将来的には業者登録も視野に入れています。


スポンサーサイト



2011.05.24 Tue l 不動産競売 l コメント (0) トラックバック (2) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/293-5b168351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
手取り30万円の普通のサラリーマンが、たった5ヶ月でリタイアできた。収益アパート投資で設ける!不動産投資方法の極意をお教えします。
1日30分で合格できる資格スクールでは教えることができなかった宅建への最短合格法をお教えします。