FC2ブログ
隣地の所有者が立会に応じてくれない場合のパターンと対処方法について、いくつかご紹介させていただきます。
私は、こうした場合でも相手が話しがきちんとできる人であれば、立会はできると思っています。


①遠いので現地に行けない。
 行ける範囲であれば、隣地所有者のお宅に伺い、写真と図面で説明をします。行けない場合は、郵便と電話で対応させて頂きます。

②めんどくさい。忙しい。
 私は、このような場合は、週に1回程度、定期的に電話と訪問を繰り返し、決して諦めません。境界の確認をしなければ、もっとめんどくさいし、こいつはしつこいと相手に思わせます。

③解らないから立会したくない。
 十分に説明して理解してもらうしか有りません。境界が不明確な場合のデメリットなども説明します。

④まともでない。話が通じない。
 この場合には、立会は難しいので、口頭で境界に異議がないかを確認します。なるべく長く会話をして、「境界線について私の説明で異議はありませんか?」と聞きます。「お前、しつこいんだよ。それでいいよ。バカやろー。」などと言わせて、会話の内容を録音し、文章にまとめて登記申請書と一緒に法務局へ提出します。

⑤高齢で身動きが出来ない。海外に在住している。
 変わりに立会できる人がいるかを聞きます。場合により戸籍などで調べます。

⑥以前、立会を依頼したが断られたことがあり、今回は立場が逆になった。また、仲が悪い。相手が嫌い。
 これは、キツイですね。補助者時代に、法務局から通知を出して立会してもらいましたが、現地で所有者同士が喧嘩になったこともありました。これは失敗例です。
 このような場合は、隣接所有者さんに、境界が不明確な場合の不利益などを充分に説明して、納得してもらう方向が良いかも知れません。所有者同士は、合わせない方が良いかも知れません。
 当事者の性格によっても、対応が変わるでしょう。


 法務局に、分筆などの登記申請をして、法務局から隣接所有者に立会通知を出してもらうのも有効な方法です。しかし、当事者の性格によっては裏目に出る可能性があるので充分に注意が必要です。

 このほか、筆界特定制度、民事調停、ADRなどを活用する方法も有りますが、これらは期間が掛かり過ぎるのと費用も大きい負担になってしまいます。
 最後の手段は出来るだけ使わずに、解決するのが、良いと思います。

隣地との境界確認①
隣地との境界確認②
隣地との境界確認③
隣地との境界確認④
隣地との境界確認⑤
隣地との境界確認⑥





気に入っていただけたら、ポチ ポチ ポチッとお願いします。
     ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気ブログランキング

スポンサーサイト



2009.09.30 Wed l 境界問題 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/27-337c41d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)