FC2ブログ
建物を登記しないで、未登記のままにしておいた場合に、問題はあるのか?
このような質問を受けることがあります。

融資の問題
不動産を担保にお金を借りる場合は、土地・建物を登記して抵当権設定登記をするのが条件ですから、融資を受ける場合は必ず登記をしなければならないので、未登記になることはありません。

法令の問題
建物を新築した場合には、1ヶ月以内に登記しなければならず、登記を怠った場合には、30万円以下の過料と罰則があります。
しかし、現実に罰せられたという話は聞いたことがありません。

固定資産税は?
登記をしなければ、税金がかからないと思うかもしれませんが、課税機関(市区町村など)は、登記されなくても独自に調査をして課税します。
定期的に、航空写真を撮影して、新しい建物がないか、また増築してないかを調査しています。疑いがあると現地に行って調査をしているようです。
上からの写真なので2階を増築した場合は、結構バレません。
まれに、課税漏れになる場合がありますが、基本的に登記しなくても固定資産税はしっかりとられます。
ちなみに、登記をした場合は、法務局から課税期間に通知するので確実に課税されます。

相続があった場合は?
相続人の名義で、表題登記をすれば良いので特に問題ないですが、遺産分割協議書にしっかりと未登記建物を明記しておく必要があります。これを忘れる場合が多いです。
遺産分割協議書に書き忘れると手続が大変なので、最悪の場合を想定して、「本目録以外の遺産がある場合は、すべて長男○○が相続する。」と一文を入れてください。
相続で争いになりそうな場合は、登記しておいたほうが無難です。


未登記のまま放置しても特に問題はなさそうですが、気持ちと資産の管理上は、登記しておいたほうが無難じゃないですか?
スポンサーサイト



2010.03.13 Sat l 表示登記の実務(建物) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/218-88d444ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)