FC2ブログ
いつものように、不動産競売情報BITを見ていると、不思議な物件が出ていた。

半年くらい前に、私が入札した物件で、100万円くらいの差で、落札出来なかったのですが、その物件が大幅に、売却基準価格を下げて、再度公示されていました。
しかも、3点セットを見ると、調査をやり直していて、建物の傾きや、クラックの状況など、前回よりも細かく調査されていた。

前回、落札した人が、落札額を払えなかったのか?
それにしても、調査をやり直しているのと、価格を変更しているところがおかしい。

物件に重大な瑕疵があり、不許可になったのか?
調査結果では、建物の傾斜やクラックの状況が追加されていたが、通常は不許可になるような重大な瑕疵ではない。

通常、価格を下げる場合は、その旨が、3点セットに書かれているが、今回はまったくその記載はない。

ちょっと不思議です。私の勉強不足かも知れないので、もう少し調べてみます。
スポンサーサイト



2010.03.02 Tue l 不動産 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/204-d8a44ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)