FC2ブログ
測量する土地の隣接地に、古家で誰も住んでいない土地がありました。

登記簿の住所は、沖縄県の方で、連絡を取ってみると、当然こちらに来て立会することは出来ないとの事でした。

これまでは、このパターンの場合は、境界の写真や資料と説明文を送付して、境界について確認していただく方法をとっていましたが、事務所のH君の提案でもっと有効な方法を発見しました。

ビデオで現地の状況と境界を撮影して、説明をしながら録画して、それをDVDにして、隣接者様に送付するという方法です。

隣接の所有者さまからは、とても解りやすくて良いと好評でした。

無事に、境界についてご了承を頂き、分筆の登記を完了することができました。

仕事は、工夫次第で、良くなるものですね。私も頭が固くなっているので、若い人の意見を取り上げるのは、とても有効であると感じました。

スポンサーサイト



2010.03.01 Mon l 境界問題 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんばんは。
川崎の調査士です。
これは画期的な方法ですね。

すばらしい発想だと思います。

2010.03.01 Mon l konishi. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/196-a8324643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)