FC2ブログ
株式会社 木下工務店の主催で東京電力の太陽光発電、オール電化のオリエンテーションに参加してしてきました。

太陽光発電の工事費が、250万円前後で、IHクッキングヒーター、電気給湯機の設置で20万~50万円くらい。
オール電化に対する助成金と光熱費の削減で、おおよそ10年くらいで、設備投資のもとは取れるらしい。

利回り10%と考えれば、十分やる価値はある。
車も、プラグインハイブリッドに買い替えれば、さらに効果は高くなるだろう。

う~ん。やる価値はある。

おそらく、数年後には、新築分譲住宅は、オール電化・太陽光発電が必須となるでしょう。

そして、数十年後には、賃貸収益物件についても、オール電化・太陽光発電が必須となると思われます。
今、インターネット環境や地デジ対応が、必須のように、これからはオール電化・太陽光発電が必須の時代が来ます。

taiyoko_img001.jpg
スポンサーサイト



2010.02.20 Sat l 不動産 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/182-87dea78e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)