FC2ブログ
物件調査は、次の順序で行います。

①マイソクや競売の三点セットで確認
   ↓
②住宅地図やインターネットで資料調査
   ↓
現地調査
   ↓
近隣聞き込み調査
   ↓
役所などの資料調査

これで、すべてOKであれば、買付けを入れます。
順番でやるのは、物件を振るいにかけるためです。
②でアウトな物件であれば、③以降はやる必要はないということになります。
出来るだけ早い段階で、物件を切り落とすことによって、時間的なロスを防げます。
アウトの物件を⑤まで調査するのは、時間の無駄なので、早い段階で結論をだします。

物件の調査というのは、ある程度は、自分でやる必要があると思います。
業者まかせにしていると、不利な情報は、契約直前まで伝えない可能性があります。
また、業者さん自体も、気がついていないことがある可能性もあります。例えば物件の事件性など。

多額の取引をするので、これくらいの調査は、ご自身でするのが当たり前だと思います。
スポンサーサイト



2010.02.14 Sun l 不動産 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/177-52a8d08a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)