FC2ブログ
位置指定道路の形状については、埼玉県内においては、埼玉県条例で定められています。

隅切りについては、2.0mの二等辺三角形、交差点の角度が60度以内の場合は、必ず隅切りを設ける必要があります。
120度以上の鈍角の場合は、隅切りの必要はありません。
これは、各市町村によって違いますが、片方のみに隅切りを設ける場合は、3.0mの二等辺の隅切りが必要です。

幅員は、4.0m以上です。ただし、幅員4.0mでは、分譲住宅としては、商品価値が低いので、任意で4.3m~5.0m位の幅員を設けます。

行止りの道路の場合の延長は、35.0mを超えると、35.0以内に一箇所、終端に一箇所、合計2箇所の回転広場を設けなければなりません。この規定を避けるため、通常は道路設計を35.0以内にして、残りは路地状敷地にするなどの方法をとります。

または、35.0mを越えてしまう場合は、幅員を6.0mにして、回転広場を設けない方法もありますが、これは市町村により、取扱が違うので微妙です。

道路と宅地を合わせて、500㎡を越えた場合は、位置指定道路の申請ではなく、都市計画法の開発許可の申請になります。この規定の回避方法は、市町村により、異なります。テクニカルな部分です。

開発許可の場合は、位置指定道路より、さらに細かく指導要領が定められていて、その中でも雨水抑制施設の設置義務があり、これは事業者の資金を圧迫します。

通常は、出来るだけ道路位置指定で分譲事業を行うようにします。


resize0134.jpg
スポンサーサイト



2010.02.10 Wed l 許認可 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/173-8a12a83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)