FC2ブログ
建築物の敷地は、道路に2メートル以上、接続していなければなりません。
今回は、接道が1.5メートルという設定で書きたいと思います。

resize0040.jpg
この図のように、路地状(旗ざお)敷地で、幅が1.5メートルしか確保されていないというパーターンです。
これは良く見られる状況です。

resize0041.jpg
左の図は、隣地所有者から a 部分を分筆して、購入する方法です。私の経験上では、土地が増えるのは嬉しいが、減るのは嫌だという感覚がありますので、交渉は難しいです。隣地所有者さんの経済状況その他の状況によっては可能になります。もちろん、相場よりも高い金額で交渉します。

右の図は、 a 部分と b 部分を分筆して、所有権の交換をする方法です。これも交渉が困難です。
隣地が、親族であったり、良好なお付合いがあれば、可能性はあります。

resize0042.jpg
隣接地A~Eが売出されたら、速攻で買い取るという方法です。最も現実的な方法です。ただしFを買い取っても、再建築不可の状況が回避できるかというと、疑義があるところです。

普段から、近所のお付合いをして、「もし、土地を売るときにはお声がけください。」など話をしておいたほうが良いと思います。
同時に、隣地所有者に売却することも考えておきます。「地続きは借金してでも買え」というように、意外と買ってくれる可能性は高いです。

再建築不可の物件を買うときには、あらかじめ近所にどういう人が住んでいるのかをチェックしておく必要はあると思います。交渉ができる相手なのか?まともに話しが出来る人か?など。

再建築不可の回避方法①
再建築不可の回避方法②
再建築不可の回避方法③


お疲れのところお願いします。
     ↓
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング
スポンサーサイト



2010.01.26 Tue l 不動産 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/150-b62e0e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)