FC2ブログ
宅地の価値は、道路付けの間口で決まると言っても過言ではありません。
そして、建物を建てるためには、必要な幅があります。
一般的に、いい間取りで家を建てるためには、幅が7.5メートル以上必要になります。

土地の価値は、道路付けで決まりますから、図1よりも図2のほうが、良い土地だと言えます。

ただし、図2のような土地は、理想的な形状ですが、このような土地はあまりないです。

もちろん、図3のような土地でも建物を建てられますが、窮屈な間取りになってしまいます。

土地の幅としては、6.5メートルくらいは、欲しいところです。

resize0039.jpg

これらのことを考えて、土地200㎡の収益物件を購入したとします。そして何年後かに、更地として売ることにします。
この場合には、2宅地になる可能性が高いということになります。

そして、間口が13.0メートル以下であれば、路地状(旗ざお)敷地になる可能性が高いということになります。
つまり、通常の土地より価値の低い土地ということになります。

また、さらに路地状の土地は、駐車スペースと考えれば、最低でも幅2.5メートルは必要です。
間口が、8.0メートル以下になると、2宅地として考えることは出来ないことになります。

この場合は、200㎡のウナギのねどこの1宅地ということになります。
立地が良ければ、いいのですが、この土地、誰が買うんだろうという感じですね。
相当、安くないと売れないと思いますよ。

お疲れのところお願いします。
     ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気ブログランキング
スポンサーサイト



2010.01.25 Mon l 不動産 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/149-c89b08e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)