FC2ブログ
必ず公正証書遺言を作成しなければ、ならないケース

①独身で子供がいない。親か兄弟が相続人になる。
②夫婦の間に子供がいない。
③先妻や先妻の子供、後妻や後妻の子供がいる場合
④内縁の妻がいる場合
⑤相続人が一人もいない場合
⑥相続人それぞれに特定の財産を与えたい。または与えたくない者がいる。
⑦相続人に行方不明の者、海外在住のものがいる。
⑧同族会社で、家業を継ぐものに事業用の財産を相続させたい。
⑨世話をしてくれる死亡した子供の嫁がいる。
⑩事実上、離婚状態だが、まだ籍のある妻がいる。
⑪相続人に893又は、まともでない人がいる。
⑫特別な援助をしてくれた子供がいる。
⑬子供達とは、疎遠になったが、妻の老後が心配だ。
⑭生前お世話になった第三者に遺産を分けたい。または団体に寄附したい。

以上の一つでも該当する場合は、公正証書遺言が必要です。
公正証書遺言ですよ。自筆証書遺言ではダメですよ。

相続川柳
遺産分け、親不孝ほど、よく喋り
遺産分け、ただで貰うに、なぜもめる

公正証書遺言の重要性①
公正証書遺言の重要性②
公正証書遺言の重要性③


気に入っていただけたら、ポチ ポチ ポチッとお願いします。
     ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気ブログランキング




スポンサーサイト



2009.09.10 Thu l 相続 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/14-fa2ea039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)