FC2ブログ
建築基準法43条但し書きによる道路は、接道についての例外的適用で、法42条にいう道路に有効に接道できないとき、やむを得ない事情がある場合に適用する救済措置です。

基本的に、市区町村に道路の申請をする場合は、道路位置指定を申請します。
しかし、道路位置指定の要件に合わない場合には、43条但し書きによる道路の申請をするほかにないと言うことになります。

道路位置指定の要件に合わない場合の例は、例えば隅切りが造れない場合や、建築物がはみ出して、現況で幅員4.00mを確保出来ないという場合です。道路位置指定を受けることが可能な場合は、その申請をするように指導されます。

43条但し書きによる道路の申請をする場合には、その道路に接続する土地・建物の所有者のすべての方の承諾が必要になります。つまり、ご近所で足並みが揃わなければ、申請出来ません。

そして、43条但し書きによる道路の許可を受けると、その道路に接続する土地は建物の建築が可能になります。但し、建ぺい率や容積率、建物の高さ、用途など通常よりも厳しい条件となります。

また、43条但し書きによる道路は、通常の建築基準法上の道路とは違い、資産価値や融資でも厳しくなります。

しかし、再建築不可の物件については、道路申請をすることにより、建築が可能になり、大きく資産を増やすことになります。

お疲れのところお願いします。
     ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気ブログランキング
スポンサーサイト



2009.12.14 Mon l 不動産 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.jp/tb.php/104-2385e8c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)