FC2ブログ
固定資産税は、その年の1月1日現在に存在する建物について、所有者に1年分が課税されます。
このことから、毎年12月くらいになると、この質問を受けます。

まず、話をする前提として、土地家屋調査士は事実に基づいて登記申請をするのであり、税金がどっちが得かを考慮して新築年月日や建物の取壊の年月日を操作することは原則としてありません。
ただし、あまりに杓子定規に、依頼者の要望を捻じ伏せるつもりもありません。
明らかに、半年以上も前に工事が完了しているのに、事実に反する登記申請は出来ないとお考えください。

本題ですが、建物の新築年月日を
①平成23年12月31日にした場合
②平成24年1月2日にした場合

①については、平成24年から建物の固定資産税が課税されます。
②については、平成25年からの課税になり、24年分は課税されません。

建物の取壊についても考え方は同じです。
取壊の年月日を
①平成23年12月31日にした場合
②平成24年1月2日にした場合

①については、平成24年から建物の固定資産税が課税されなくなります。
②については、平成25年からの課税されなくなります。24年分は課税されます。

では、1月1日に建物が存在しないようにすれば良いかというと、そうでもありません。

住宅用地の場合は、土地の固定資産税が3分の1に軽減されるので、土地の評価と建物の評価を天秤にかけて考える必要があります。

さらに、共同住宅の場合は、土地の固定資産税が最大で6分の1に軽減されるので、そのことを考慮しなければなりません。

スポンサーサイト



2011.12.29 Thu l 土地家屋調査士 l コメント (0) トラックバック (0) l top
図解 40歳から伸びる人の習慣図解 40歳から伸びる人の習慣
(2011/01)
田中 和彦

商品詳細を見る


男性の平均寿命が79.59歳なので、40歳を過ぎた時点で人生のタイムリミットはあと39.59歳になる。
私は、44歳なので残り35.59年ということになる。

これまでのように、ただ我武者羅にやればいいというものではない。
これからの時間を効率的に使うことで、残りの人生を充実するかがかかっている。
夢の実現のために、この本の一部を参考にさせてもらいます。

やらない事リストを作って時間の浪費を避ける。
ダラダラ、テレビを見ない。
翌日に残るような、お酒の飲み方はしない(^^ゞ

オンリーワン人間になるために今すべきことを考える。
不動産全般に高い知識レベルを持った人間になる。

整理整頓で仕事の効率を上げる。
月に一回は、断舎離デーを作る。

無理の効く人脈をつくる。

私には、いくつか実現したい夢がある。
そのために、残り時間を有効に使いたいと思います。
2011.12.03 Sat l 最近読んだ本 l コメント (0) トラックバック (0) l top