FC2ブログ
今日の川口市倫理法人会のモーニングセミナーは、
株式会社コマーム 小松君恵氏の講話でした。

埼玉県内で子育てサービス事業を提供されています。



ベビーシッター、産前産後ケア、保育士の派遣などを事業として展開しています。
少子化で、子育てサービスを縮小する風潮もありますが、
現実には、共働きの家庭が増えて子育てサービス事業が不足しています。

時代とともに子育ての環境が変わってきました。
もっと子育ての現状を知ってほしい。
子育てに関心を持つ社会にしたい。


それが、こころ ま~るく むすぶ【コマーム】の役割と仰ってました。
スポンサーサイト



2020.02.15 Sat l 倫理法人会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日のモーニングセミナーは、埼玉県倫理法人会 小池博会長の講話でした。

ある年、夏の暑い日が続き、お米の出来が悪い。
自身が経営する農家物直売所の倉庫には、売れないお米が積み上がりました。

そんなときに倫理指導を受けて、「扱っている商品に感謝、すべてに感謝しなさい。」と指導を受けたそうです。

今までは、「条件付きの感謝」をしていた。
売れる社員には感謝する。目標未達の社員には感謝の心を持てなかった。

商品の由来を調べてお米に感謝、出荷していただく農家に感謝、社員さんに感謝
自らの心が変わったときに、不思議とお米の在庫がなくなったといいます。

今でも「笑顔の起床、感謝の就寝」の実践を続けていると仰ってました。

20200208_072545.jpg

2020.02.08 Sat l 倫理法人会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今から2年前の私達家族の小学校受験のちょっと不思議な倫理体験の話です。

うちの子供なんですけど、アトピー性皮膚炎で、かきはじめると顔も体も出血するまでかいちゃう感じなんです。
幼稚園では、やはりそういう子は、いじめられるんですよね。

そんな中で、私立の小学校を見学に行ったんです。
そこは、キリスト教の学校で、生徒も、先生も、学校全体がやさしさに満ちていて、そんなにガリガリ勉強する感じではなくて、妻とこの学校に入れたいね。という話しになったんです。

そして、その学校に強い受験の塾を調べて通うことになりました。

それから私たち家族の小学校受験の生活が始まったんです。



そして、こんなんで倫理指導を受けるのはどうかとも思ったんですけど、岡村健一法人アドバイザーに倫理指導を受けることにしました。
「子供の小学校受験に合格したいんです。どうすれば良いでしょうか。」

指導の内容は、「夫婦でよく話合いをしなさい。」というものでした。

よりによって苦手な実践項目だなと思いました。
妻は話が長くて結論がないタイプなんです。

受験の本をたくさん読んで想定した質問は、すべて回答できるように話し合いを繰り返しました。

受験の直前に、塾の先生から言われました。
「お子さんがアトピーでアレルギーがあることは受験ではマイナスです。言わないほうが良いです。」と言われました。


私達、夫婦はそのことを十分に話し合いました。
「まあ確かに学校からすればアレルギーの子を入れるのはリスクがある。」
「受験塾のプロの先生が、言うんだからアレルギーのある子は不合格になるんだ。」
「でも嘘までついて受験に合格してどうするんだ」という話し合いをしました。

そして私達夫婦は、ひとつの結論に達しました。
「面接で聞かれたことはすべて正直に全部話そう。」

そして私達家族は、入学試験の当日を迎えます。
子供は別で、筆記試験、体育の実技試験、行動観察の試験を受けます。

私達夫婦は、別室で面接試験です。
面接の質問はすべて想定内。その最後の質問が
「お子さんの健康状態になにか問題はありますか?」
妻が答えます。
「アトピー性皮膚炎で、食物アレルギーもあります。」
面接試験が終わり、私達夫婦はこれでいいんだとそんな気持ちでした。

待合室で、待っていた私達に、女性の先生が駆け寄ってきました。
「お子さんが顔をかきむしって、顔中から出血しています。保健室で措置しました。」
「お子さんは、試験を続けるとがんばっています。」


正直、この時点で完全に不合格だと思いました。

数日後に、試験結果の通知が届きました。結果は合格でした。

そして、入学して学校に通い始めると、アレルギー持ちの子ってたくさんいたんです。
あれアレルギーの子供がたくさん受かってる。
なんで、あのときに塾の先生は「アレルギーがあることを言わないほうがいい。」となんで言ったんだろう。

もし、受験の塾の先生の言うとおりにアレルギーであることを隠していたら、子供が顔中から出血していたので当然不合格だったと思います。
話し合いをして、正直に言ったから合格ができたんです。

もしかしたら、その塾の先生は、私達夫婦によく話し合いをさせるために「アレルギーであることを言わないほうがいい」と天に使わされて言ったんじゃないかと今では思っています。

よく考えるとすべてつながってるんです。

夫婦の話し合いの倫理指導
塾からアレルギーを隠すように言われる
夫婦で話し合いを繰り返す
アレルギーのことを面接で正直に言う
試験中にかきむしって子供が出血
結果、合格

倫理指導を受けて実践するとちょっと不思議な体験というのが必ずあります。

ぜひ、倫理指導という制度を利用してみてください。




2020.01.18 Sat l 倫理法人会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
とても明るい。軽快なトーク。人を飽きさせない笑い。
しかしその中身は波乱万丈の人生でした。

虐待された子供時代からモスバーガーの店舗展開をするも挫折があり、風俗店のオーナーへ、今の職業を言えなかったけど、倫友の日向さんに「その仕事チョーいいね!」

蓮見顧問からは、「すべての仕事に意義があるやり切れ!」と言われ今の仕事を堂々と言えるようになった。

自分の仕事に愛着を持ち喜んで働いてこそ良い成果が得られる。
私も今日の学びを自分の仕事に活かします。

<前編>



<後編>

2019.11.16 Sat l 倫理法人会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は、埼玉県川口市倫理法人会のモーニングセミナーに参加しました。
株式会社黒澤工務店 代表取締役黒澤隆哲氏にお話を頂きました。

現在創業73年の伝統の会社を5年前に、父から引き継ぎ3代目の代表取締役になる。
社長業として多忙の中、昨年、さいたま市浦和区倫理法人会の会長に!

37歳の若くてパワーのある黒澤会長から素晴らしい学びをいただきました。
学びの中から、3つだけご紹介します。

1.趣味は家づくり
仕事を愛し、72年目にして、最高売上を更新することになる。
社長の就任から毎年、売上150%を続ける。

2.祖父からのマインドコントロール
祖父から幼少期に「たかくんは黒澤工務店を継ぐんだよね」と繰り返されるうちに自然に会社に入り、3代目の代表取締役に主任することになる。

3.前職の測量会社
前職は、私と同じ職業の測量会社で毎日日付が変わるまで仕事が終わらないブラック企業でした。
そんな中で積極的に仕事をして、うつになりかけることもあった。
私とまったく同じ経験をしている人がいると思い、黒澤さんの話に共感しました。
ブラック企業は決して良くないが、その苦しさを乗り越えたから、仕事が忙しくてもうろたえることなく冷静に仕事ができる。
経験が今を支えていると思いました。




仕事を愛し、祖父から3代の事業を継承、測量会社の激務での学び

今日も素晴らしい学びをさせていただきました。

黒澤工務店
MS11.jpg
2019.11.02 Sat l 倫理法人会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は、川口市倫理法人会のモーニングセミナーでした。
千葉県の元会長、浅野洋一スーパーバイザーの素晴らしい講話でした(^^)

沢山の学びの中から3つに絞って、報告します。

① 子供の前では楽しそうに仕事をする
いつも楽しそうに仕事をしている父を見て育つ、そして目指していた教師にはならずに父親の事業を継ぐことになる。
私も子供には、辛い顔ではなくて楽しく働く姿を見せようと思いました。

② 誰も聴いていなくても本気で取り組む
趣味とスピーチ力のために落研に入ることに
落語の寄席で、登場するとまさかお客さんが誰もいない。
投げやりで舞台に取り組んでいると先輩から、「床、壁、天井は聴いている。手を抜くな!」の言葉がかかる。

③ 苦難の捉え方
自らがリーダーの事業所10人のうち8人が退職することになる。
事業所を閉鎖することも考えたが、すべて自分の責任と捉えて、離れたお客様の一軒一軒を周り事業所を復活させた。



最後の食事会で、浅野洋一スーパーバイザーの言葉
「川口市倫理法人会とかけて、大好きな服ととく、また“き”たくなる。」



2019.10.26 Sat l 倫理法人会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は、川口市倫理法人会のモーニングセミナーに出席しました。
株式会社谷野ロジテム 代表取締役 谷野智昭氏の講話でした。

たくさんの学びをいただきましたが、その中でも3つの実践についてまとめます。

①お墓参りの実践
三重県にあるお墓に行って、草取り、お墓磨き、そして先祖への声がけをされました。
すると今まで不仲だった父がた母がたが、仲良くなり、旅行の話が出るほどに変わる。

②トイレ掃除の実践
谷野さんといえば日本を美しくする会の活動を熱心にされています。
ただ無心で掃除をすることで思わぬ幸運が舞い込む、倫理法人会の入会者も増えたといいます。

③感謝の実践
後継者倫理塾の学びから、父母に感謝の言葉を言うことになる。
しかし父母から帰ってきた言葉に驚く。
とめどなく出てくる父母からの言葉、それはすべて我が子を心配する言葉でした。




今日も、素晴らしい学びをしました。
学びを現場に活かします(^^)
MS10月予定
2019.10.05 Sat l 倫理法人会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
倫理法人会でスピーチをしました。



埼玉県川口市倫理法人会の経営者モーニングセミナーの動画をアップしています。
毎週土曜日、朝6時30分より行われるセミナーをしています。

よろしければ、高評価ボタン。チャンネル登録。コメントをお願いします。

倫理法人会は全国で67000社の企業が所属する日本で最大級の経営者団体です。
創始者丸山敏夫が発見した幸せになる法則を学ぶことを目的にしています。

倫理法人会で学ぶことで、家庭が良くなり、事業が良くなり、地域が良くなる。
そんな団体です。

Youtubeをご覧いただいて、気に入っていただけたら、ぜひモーニングセミナー会場にもお越しください。

埼玉県川口市倫理法人会
https://www.facebook.com/kawaguchirinri/

埼玉県倫理法人会
http://www.rinri-saitama.org/

一般社団法人倫理研究所
https://www.rinri-jpn.or.jp/

2019.09.15 Sun l 倫理法人会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は、川口市倫理法人会のモーニングセミナーに出席しました。
関東財務局理財部金融調査官 斎藤和幸氏の講話でした。
スピーディーでテンポが良く、聴き心地が良い。
35分の講話でしたが、60分以上の内容が詰まっていました。

テーマ「これからの日本の財政を考える」

① 少子高齢化
現在、第二次ベビーブームに誕生した人の年齢は44~47歳である。
2035年には、全員60歳を超える。さらに社会保障が増えることになる。

② 社会保障
99.4兆円の歳出のうち34.0兆円、約3分の1が社会保障に使われている。
社会保障に対する国民の負担も海外に比べると少ない。

③ 財政の悪化
1990年のバブル崩壊を境に税収は減っている。
歳出は増え続けているため差額は借金をし続けることに・・・。

財政の深刻な状況を分かりやすく、時折笑いを入れてテンポよくお話いただきました。

今日はとてもいい勉強をさせていただきました。

SKMBT_C28019090709520.jpg

2019.09.07 Sat l 倫理法人会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎週土曜日は埼玉県川口市倫理法人会のモーニングセミナーに出席します。
今日は、東松山市倫理法人会専任幹事 大塚尚美さんの講話

後継者倫理塾からの3つの気付きから実践のお話

①お店の前を通る人へのあいさつ
お店を通り掛かる人へ「おはようございます」
知らない人に挨拶をするのは勇気が必要でした。
でも、毎日続けるうちに相手からも帰ってくるようになり、自身の心も明るくなる。

②夫への手紙
20年喧嘩をしていない夫婦。
喧嘩をしていないのは、言いたいことをお互いに言わないからと言われたこともあり、夫へ手紙をかくことになる。
そして、LINEで夫と「かっこいいね。」「かわいいね。」と言い合えるように。

③父への不満
小学生のとき、母は周りから辛く当たられ、家を出ることになる。
離婚の危機は脱したけど、その時の不満を倫理塾のアドバイスから父に言うことする。




今日も、気付き、素晴らしい実践項目をいただきました。

2019.08.24 Sat l 倫理法人会 l コメント (0) トラックバック (0) l top